オンキョーの特徴について

バナー

オンキョーの特徴について

オンキョーは日本の音響機器メーカーで、1946年に大阪で創業した会社です。

オンキョーは当初は大阪電気音響社として設立され、翌年には大阪音響になり、1971年に現在のオンキョーに車名変更されています。

創業した当初は自社製のスピーカーを搭載したラジオを販売しており、高価格ながら高品質ということもあってヒット商品となり、その後にオーディオ機器やテレビ受像機の製造を行っていました。

1957年までは独立した会社でしたが、現在の東芝の資本参加に入り東芝グループの一員となっていましたが、バブル崩壊後の1993年には東芝の保有株式が売却され再び独立系の会社となっています。しかし、現在でも東芝向けのスピーカーの提供を行っており、取引そのものは現在も継続されています。

1990年代には経営的に苦しい時期が続きましたが、台湾のインベンテック社やギターメーカーのギブソンなど外資による資本参加を受けて2010年代には、事業整理が行われて現在に至ります。

オンキョー情報をお探しですか。

創業以来からスピーカーの生産を行ってきたためスピーカーやヘッドフォンの有名ブランドとして知られ、また一貫した品質からオンキョーは一定の支持層がありますし、低価格帯から高価格帯までさまざまな機種を製造販売しておりラインナップも豊富という特徴があります。

こちらのAll Aboutを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

またコストパフォーマンスに優れています。
ただし超価格帯の製品は販売していないため、メーカーとしては大衆向けといった傾向の強いものといえます。